カタログ通販歴13年のベテランが、通販カタログの選び方など、知らないと損をするカタログ通販情報を一挙公開しています。

カタログ通販テクニック

カタログ通販を利用するにあたって、知っていると役に立つワンポイントテクニックを紹介します。

友達を紹介する

多くの通販会社では、お友達を紹介したら、割引やプレゼントなどの、各種特典があります。
なのでどんどん紹介しちゃいましょう。


注文は電話でする

注文方法としては、ハガキ・FAX・インターネットなど、いろいろありますが、一番のおすすめは電話です。
その理由としては、
ハガキと比べたら、2〜3日は早く注文が確定するので、その分商品のお届け日も早くなる。
希望する商品の在庫があるかどうかすぐ確認出来る。もし在庫が無い場合は、いつ頃入荷されるかも教えてくれるし、最悪は他の似たような商品を替わりに注文することも出来る。
だいたいの商品お届け予定日も教えてくれる。
ちょっとした質問も出来るし、電話オペレータの善し悪しで、会社全体の善し悪しが判断できる。
などです。
でもフリーダイヤルじゃない会社は論外です。


まとめ買いをする

注文を家族でまとめたり、近所のお友達でまとめたりすれば、割引サービスを実施してくれたり、ポイントでプレゼントをくれる会社もあります。
でも特定の1社だけで、注文していると他の良い会社を見落とす可能性もあるので、いろんなカタログを見比べながら注文しましょう。


時々は別の会社からも買う

上の「まとめ買いをする」と矛盾しちゃうのですが、しばらく特定の会社の商品を注文しないでいると、すぐカタログが送られてこなくなります。
なので、カタログを送って欲しい会社からは1年に1回ぐらいは何か買った方が良いです。
カタログは見ているだけでも十分楽しいですからね。


有効期限まで捨てない

カタログは受注有効期限までは絶対に捨てちゃダメです。
有効期限間近に在庫品のバーゲンチラシが送られてくることもあるので、カタログがなければ商品の確認が出来ません。
それに、ある日突然何かが必要になったりして、「あぁカタログ残しておいてよかった〜」ということが、私はよくあります(笑)。


自分の会員番号をメモしておく

このホームページを見てくれているあなたは、きっと複数の通販会社を利用しているのではないでしょうか?
だとしたら各通販会社別の自分の会員番号をメモか何かにまとめておきましょう。どこの通販会社でも電話番号などで、会員番号を検索してくれますが、自分で把握している方が、何かと話が早いです。


引越し時は通販会社にも連絡する

引越しの時には忘れずに、お気に入りの通販会社にも連絡しましょう。
でないと次のカタログが届きません。その際上記の会員番号メモがあれば、漏れもないし、話も早いです。


クレジットカードを有効活用

普通のショッピングセンターなどで、数千円の洋服を買ってクレジットカードを出すのは、気が引けません?でも通販なら、全然気にしなくてOK。数百円の商品でも気兼ねなしです。
クレジットカードのポイントも貯まるし、郵便局やコンビニに支払いにいく手間も省けるし、まさに一石二鳥です。
なに?「年会費がもったいないから、クレジットカードを持っていない」ですって。そんな人には入会金無料・年会費永久無料の以下のカードがおすすめです。
今後どんどん得をしていく為にも、ぜひ検討してみてください。
おすすめランク カード名 特徴
1位 楽天カード ポイント還元率はセゾンカードの2倍以上でトップクラス(※)
2位 ライフカード 持っているだけでクール
(※前年1年間のカードショッピング1回以上のご利用で、次年度年会費が無料)


書店のカタログをチェックする

カタログがDMで送られてきて、注文することが決まったとします。
でもちょっと我慢して書店で同じカタログが売っていないか調査してみましょう。
もし同じカタログがあったら、ちょっと立ち読みして割引ハガキなどが付いていないかチェックしましょう。
もし割引ハガキが付いていて、そのカタログ本体の販売価格より、割引金額の方が高ければ、カタログを購入して、その割引ハガキで注文しましょう。
これでちょっぴりお得です。

(例)書店で300円のカタログを購入
           ↓
   1000円割引付きハガキで注文する
           ↓
   普通に買い物をするより差し引き700円のお得です!


メールマガジンを購読する

大手カタログ通販会社の大半はメールマガジンを発行しています。
メールマガジン内ではバーゲンなどの特売セールの紹介もありますし、新サービスの告知もあったりします。
購読して損はないですよ。


靴は同じ物をサイズ違いで3足買う

通販で靴を買って、「ちょっとサイズがぴったりじゃないなぁ」なんて思った経験ありませんか?
そんなあなたには、おすすめテクニックです。
買う靴が決まったら、自分のジャストサイズ・1つ小さめサイズ・1つ大きめサイズの計3足を注文しましょう。
そして商品が届いたら、自分にぴったりくるサイズだけを残して、他の2足は返品してしましましょう。
運送料をとられる会社もあるけど、サイズがあわない靴を、我慢して履くよりもましだし、何度も返品&交換を繰り返すよりも効率的です。
基本はお店で履いてから買うのが一番なんだけど、普通のお店より、各社のカタログを並べて見た方が品揃えが多いですから通販も捨てがたいですよね。
もし通販会社の人が読むと、怒られそうなので、内緒にしてね。


株主になる

通販が超大好きでドンドン買ってしまうというヘビーユーザーの方で、かつその通販会社が上場している場合は、株主になる事をおすすめします。
割引の特典があったり、優先的にカタログを送ってくれたり、優待プレゼントをもらえたりと、いろいろなサービスを受けられる場合が多いです。
(株主優待の一覧はこちら⇒「株主優待」)
それに自分の好きな会社が成長していく過程を見るのも楽しいし、一歩進んで財務内容などをチェックして各通販会社を比較検討するのも、超通販マニアならではかも(笑)。
でも株価下落のリスクもあるので、あくまで投資は自己判断でお願いします。


早く注文する

「カタログ有効期限まであと○ヶ月あるから急いで注文しなくても大丈夫」と思っている人は間違いです。カタログ有効期限というものは、そのカタログからの注文を一応受け付けますよという期限であって、カタログに掲載されている商品の販売を保証する期限ではないのです。
通常、カタログに掲載されている商品は在庫数がなくなって売り切れになると終わりで、もう2度と購入する事ができません。
つまり早い者勝ちです! よって「欲しい」と思った商品はすぐに注文しないと後から後悔する事になるかもしれません。


隙間家具のお買い物ポイント

まず候補となりそうな各通販会社のカタログを幅広く集めましょう。
次に自分の家の隙間の縦×横×高さをしっかりと測っておきます。
そしてその隙間を最も有効活用できるサイズの家具を、各カタログから探しましょう。
カタログには小さい文字ですが、必ず縦×横×高さのサイズが書いていますので、しっかりチェックしましょう。
写真だけの見た目で判断してしまうと、大きすぎて入りきらなかったり、小さすぎて余計なスペースが余ったりします。
普通のお店では数社カタログ連合程の品揃えはありませんし、サイズを綿密にチェックして各店舗を比較検討する事も大変なので、カタログ通販ならではの有利なお買い物方法と言えますね。
あと各カタログで一番安い商品はやめた方が良いかもしれませんね。
値段と品質はある程度比例するのが当然のルールですし、返品も容易ではありませんから。
そして商品到着後は、万が一の返品にそなえて、ダンボール箱などの梱包資材はそのまま形を残しておくイメージで、あらかじめ注意して開封しましょう。
元のダンボール箱に入れて送り返せれば手間も減ります。
もし組み立て式の場合は、それなりの作業スペースが必要ですので、部屋の片付けをしてから商品の到着を待ちましょう。


洋服のサイズ違い防止

サイズの失敗は、商品の写真の横に小さい字で書いてあるサイズ表記をじっくり見る事で回避できます。
普通、写真ばかりを見て、サイズ表記をじっくり見る人は少ないですが、試着ができないカタログ通販にとっては実はサイズ表記がとっても大切です。
難しい用語(袖丈・裄丈・身丈・着丈など)もありますが、必ずどこかのページにその用語が、洋服のどこの部分を指しているのかが書いてあります。
それを参考にして自分の体のサイズを測るのが普通の考えですが、体の固い人にとっては色々と面倒なので、現状自分が持っている服のサイズを測れば簡単です。
そうすればまず失敗する事は無いと思います。


イメージ違い防止

イメージ違い防止にはイメージをし直す事が大事です。
カタログでは非常にスタイルの良いモデルさんが着ているので、オシャレに見えます。それを自分に置き換えてみてイメージする事が大事です。
特に私のような産後太りが戻らない場合は深刻です・・・。


お届け方法注意

通常のお届け方法だけではなく、夜間指定・時間帯指定・曜日指定・特急便指定・コンビニ受け取り・ギフトお届けなど、そのオプションは各社各様です。
通常の送料とオプション料金をちゃんと把握してから、自分にとってベストな選択をしましょう。
あと組み立て家具を組み立ててくれたり、古い家具を引き取ってくれたりする会社もあるので、チェックしてみてください。


お支払い方法注意

大抵の大手カタログ通販会社では郵便局&コンビニ振込みや、クレジットカード支払いを選択できます。
でもクレジットカードでは分割払いができても、郵便局&コンビニ振込み払いでは分割ができない会社もあるので注意してね。
あと2個以上の商品を買って、1個返品したりして、支払い金額が変わったりする場合は、振込み用紙に印字された金額を払うわけにはいかなくなり、その用紙は利用できなくなる場合もあるので注意してね。
今の時代、もし商品到着前の先払いしか支払い方法がない会社の場合は、いや〜な雰囲気がプンプンするので、利用時にはじっくり検討してね。


返品方法注意

返品の考え方は各社各様です。特に返品時の送料をどちらが負担するのかに注意してね。
顧客側に非がある場合のみ顧客側が負担するとか、会社側に非がある場合でも顧客側が負担するとか、どんな場合でも会社側が負担するとか、いろんなパターンがあります。
そして何日以内に返品する必要があるのかも注意してね。
あと返品する商品を自宅まで取りに来てくれる会社もあるので、チェックしてみてください。
カタログ通販を楽しむポイントは「返品を遠慮しない事」と言っても過言ではありません。


返品送料を安くおさえる

返品時に返品送料を自己負担する場合は、送料をなるべく安くおさえたいですよね。
商品が送られてきたダンボール箱を使って、そのまま送り返すと送料が高くなる場合があるので注意してくださいね。
そこで返品する商品のサイズに合わせて、小さめの箱や袋に入れ替えてから返品する事をおすすめします。
また送料は運送便各社で違いがありますので、以下に紹介する送料比較サイトで調査してから運送便会社を選択してくださいね。
 送料の虎
 Yahoo!宅配
 All About[節約・やりくり]


ネット上で在庫がない場合は電話をして確認する

欲しい商品なのにインターネット上で在庫がないからといって諦めてはいけません。
インターネット上の在庫と、実際の在庫が必ずしも一致しない事を、ホームページ上に小さく明記しているサイトもありますので、電話をして本当に在庫がないのか確認してみましょう。
電話オペレータさんから「あと1点残っています」という嬉しい回答を聞ける可能性もありますよ。


化粧品サンプルは旅行用に残しておく

カタログ到着時や、商品到着時には、色々な化粧品会社のサンプルが付いている場合がありますよね。
その商品を購入するつもりは一切なくても、サンプルを捨てずに残しておく事をおすすめします。
なぜなら旅行などの時に使えば、荷物が少なくてすみますし、捨てずに利用できて環境にもやさしいです。


売上ランキングは参考程度に

売上ランキングは参考程度にした方がよいです。
なぜなら通販企業側が、在庫が多く残っている商品や、利益率の高い商品や、様々な理由で売りたい商品を、上位のランキングに紛れ込ませている可能性があるためです。
特にインターネット上では、本当の人気商品は売り切れてしまっているはずで、残った商品のなかでランキングを形成していると思われるためです。
ランキングを参考程度にするのは良いですが、鵜呑みにするのは注意って感じです。


有効期限が切れたカタログの、掲載商品を手に入れる方法

最初に言っておきますが、可能性は極めて低いです。
それでも、どうしても手に入れたいという方は以下のような方法があります。

ダメもとで電話をして聞いてみましょう。あっさり「注文できますよ」と嬉しい回答が聞ける可能性もあります。

もし断られた場合でも、あきらめずにアピールしましょう。電話オペレータの方も人間ですので、どうしても欲しいというあなたの気持ちが伝われば、イレギュラーな対応をして頂ける可能性もあります。

それでもダメだった場合、1度電話を切って、もう1度かけ直しましょう。電話オペレータさんによって、作業的に冷たく対応する人もいれば、親身になって対応してくれる人もいます。
後者のような人が電話に出てくれれば可能性があります。

コールセンターの責任者宛てで直筆の手紙を書きましょう。電話オペレータさんの権限ではどうしようもない場面も予想されますので、責任者宛てで熱意を込めて直筆で手紙を書くことがポイントです。

もし商品の製造メーカーが通販会社とは異なる場合、製造メーカーの会社名を教えて頂いて、製造メーカーと直接交渉しましょう。

他社の通販カタログで似たような商品がないか探しましょう。通販.ne.jpというサイトでは、複数社の通販カタログのなかから、特定のキーワードで横断検索が可能です。

オークションに出品されていないか探しましょう。もし出品されていなくても、将来的に出品される可能性がありますので、アラート登録をしておきましょう。

次号以降のカタログで継続掲載されるまで気長に待ちましょう。もし人気商品だった場合、再度企画されて、もう1度掲載される可能性もあります。





■ホームへ | ▲上へ



カタログ通販会社 最大手5社 クイックリンク